お問い合わせ

親子関係を持つ固定ページのリストを表示するのに便利なプラグイン

  • URLをコピーしました!

古くはVektorの無料テーマであるBizVektorのころからある便利な機能として、親子関係を持つ固定ページのリストを出力する機能があります。

この機能はビジネスサイトでは便利な機能なのですが、残念なことにそういう機能を持たないテーマが多いです。

他のテーマの良いところは取り入れているSWELLでも、そのような機能はありません。

SWELLの売りは独自ブロックであり、ブログパーツでブロックをショートコード化できる仕組みがあるので、レガシーウィジェットとして機能追加は今後も行われないと思います。

あるとすれば固定ページのリストを出力するブロックの追加かもしれません。

この記事では、親子関係を持つ固定ページのリストを出力するのに便利なプラグインをご紹介します。

固定ページリストブロックを使う

ブロックエディタには標準で固定ページリストブロックがあります。

このブロックは、FSEでナビゲーションメニューを追加する時に使われるものとして追加されたようですが、固定ページの一覧を出力するブロックとして使うこともできます。

親ページを指定して、子ページのみ表示することもできます。

CC Child Pagesプラグイン

CC Child Pagesプラグインはウィジェットやブロックの追加はなく、ショートコードで固定ページのリストを出力するプラグインです。

デザインなどを自分でCSSで調整するのを前提に使うのであれば、必要十分な機能があります。

VK All in One Expansion Unitプラグイン

VK All in One Expansion Unitプラグインは、もともと公式テーマと組み合わせて使用する前提のプラグインなので、機能が含まれていない無料テーマなどで機能が欲しいと思った時には便利なプラグインです。

このプラグインは、強力なWebサイトとなるさまざまな機能を備えた統合プラグインです。

多くの機能を個別に停止させることができます。

[ Gutenberg Blocks ]

子ページのリスト
先祖階層からのページリスト

個人的にはVektorの製品はごちゃごちゃしているので、あまり使いたくないです。

解説記事はこちら

Snow Monkey Blocksを使う

Snow Monkey Blocksには、Snow Monkeyと組み合わせることで利用できる、このページの子ページというブロックがあります。

プラグインを使わないで子ページのリストを取得する方法

WordPress標準で、wp_list_pages()という関数が用意されています。その関数を使えば、子ページのリストを簡単に取得できます。

<?php 
$children = wp_list_pages('title_li=&child_of='. $post->ID. '&echo=0');
if ( $children ): ?>
<ul>
	<?php echo $children; ?>
</ul>
<?php endif; ?>

SWELLの投稿リストブロックを使う

SWELLのフォーラムで力業で固定ページの子ページを表示させている人がいましたのでご紹介します。

投稿タイプで絞り込むを固定してページに指定にして、別途子ページのIDを手動で全て指定するようです。

力業が過ぎるので何をやってるのかわからなくなりますが、SWELLでブロックを使って無理やりやるならそういうやり方もあるようです。

SWELLからテーマを切り替える

XWRITEというSWELLによく似たテーマがあります。

XWRITEの投稿リストブロックは、固定ページの子ページ一覧の出力機能があります。

SWELLで大量に記事を書いている場合は、XWRITEにテーマを切り替えるのは難しいかもしれませんが、サイトを始めたばかりであれば、SWELLが人気だからという理由だけで選ぶのではなく、XWRITEを選んでもいいかもしれません。

XWRITEは無料で使えます。

まとめ

VK All in One Expansion Unitを使えば、固定ページのリストを出力することはできます。でも、Vektorのプラグインは多機能すぎるので、シンプルに済ませたいということであれば、CC Child pagesがおススメです。

他の人にもシェアしてね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

クリックできる目次