お問い合わせ

SWELLとも相性抜群 VK All in One Expansion Unitが意外と使える

  • URLをコピーしました!

ベクトレ(Vektor)という会社がLightningと同時に利用することで便利になるVK All in One Expansion Unitというプラグインがあります。

もともとはBizVektorに有った機能を後継のLightningでも使えるようにプラグイン化したものだったと思います。

基本的にはどのテーマでも使うことができ、ビジネス用途で必要になりそうな機能が盛り込まれているので、とても便利なプラグインです。

Vektorの製品はインストールするとダッシュボードがゴチャゴチャするので、今までは避けてきたのですが、BizvektorのサイトをSWELLに乗せ変えるときにVK All in One Expansion Unitを使った方が簡単だったので、今回利用しました。

VK All in One Expansion Unitとは?

このプラグインは、強力なWebサイトとなるさまざまな機能を備えた統合プラグインです。

多くの機能を個別に停止させることができます。

[ パワフルウィジェット ]

  • Recent Posts – display the link text and the date of the latest article title.
  • 固定ページコンテンツウィジェット – 固定ページのコンテンツ部分をウィジェットに表示します。
  • プロフィール – ウィジェットに入力されたプロフィールを表示します。
  • FB ページプラグイン – Facebook ページプラグインを表示します。
  • 3PR エリア – 3PR エリアを表示します。
  • PR Blocks – PR ブロックを表示
  • Categories/tags list – Displays a categories, tags or format list.
  • Archive list – Displays a list of archives. You can choose the post type and also to display archives by month or by year.
  • Facebook ページプラグインウィジェット。
  • イメージバナーウィジェット
  • テキストボタンウィジェット
  • お問い合わせボタンウィジェット。

[ Gutenberg Blocks ]

  • HTML サイトマップ
  • 子ページのリスト
  • 先祖階層からのページリスト
  • 共有ボタン
  • お問い合わせセクション

[ ソーシャルメディア ]

  • ソーシャルブックマークを出力
  • OG タグを出力
  • Print X Card Tags

[ その他 ]

  • Google Analytics タグを出力
  • メタディスクリプションタグを出力
  • タイトルタグを上書き
  • 関連記事を挿入
  • CTA (Call to action) の挿入
  • 子ページリストをページに挿入
  • 先祖階層からの子ページリストを挿入
  • HTML サイトマップを自動挿入
  • アイキャッチ画像を自動挿入
  • カスタムポストタイプとカスタムタクソノミーマネージャー

SWELLでVK All in One Expansion Unit導入の目的は?

SWELLで簡単に実現できない機能として、固定ページの子ページ一覧があります。

以前、別の記事でも取り上げましたが、Snow MonkeyやLightning、XWRITEにもある機能ですが、SWELLにはありません。

以前フォーラムでも要望があったのですが、フォーラムに作者が出てくる頻度が極端に下がっており、テーマのアップデートの頻度の低下と合わせて考えても、今後SWELLに機能が追加される可能性はとても低いので、今後実装される可能性は低いでしょう。

しかしご安心ください。

VK All in One Expansion Unitを導入すると、どのようなテーマを使っていても、ウィジェットやブロックに子ページ一覧の機能が追加されます。

この機能を使ってCSSで調整すれば、BizVektorと同じ見た目にすることができます。

VK All in One Expansion Unitは使う機能だけ有効化できる

VK All in One Expansion Unitは多機能です。

というのもWordpress公式テーマのLightningに機能を追加するために用意されているプラグインなので、有料テーマにありそうな機能がプラグインとして用意されています。

しかし、多くの有料テーマでは既に存在する機能ばかりですので、機能が重複するだけでなく、悪影響を及ぼす可能性もあります。

VK All in One Expansion Unitでは使用する機能だけ有効化できるので、そのような心配は不要でした。

今回は、子ページ一覧の機能だけ有効化してその他の機能はすべてOFFにしました。

まとめ

SWELLを使ってビジネスサイトを構築する場合は、VK All in One Expansion Unitと組み合わせることで、他との差別化を図ることができるなと思いました。

VK All in One Expansion UnitはVektorのテーマとの組み合わせで動くようにしておけばいいように思いますが、他のテーマでも使えるようになっているのは素晴らしいことだと思います。

Vektorがリリースしているテーマはどうしても好きになれないのですが、Vektorという会社はサポートがしっかりしているので、今後も生き残っていくように思います。

他の人にもシェアしてね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

クリックできる目次