お問い合わせ

もうだめぽ、XML Sitemap Generator for Googleまた不具合

XML Sitemap Generator for Googleのサイトマップの中身が空っぽです。

XML Sitemap Generator for Googleがバージョンアップ後に不具合が出ているようです。

XML Sitemap Generator for Googleは少し前に所有者が変わったタイミングのバージョンアップで不具合があり、炎上しました。

その時に、他のプラグインに乗り換えた人も多かったかもしれません。

その後、すったもんだがあって安定していたのですが、また不具合が起きています。

WordPress.org
XML Sitemap Generator for Google Generate multiple types of sitemaps to improve SEO and get your website indexed quickly.

時間が無い人用のまとめ

  • 最新版の4.1.17がリリースされて、おおむね不具合の対応は完了したようです。
  • サイトマップに不具合が残っている場合は以下の2点をチェック
    • パーマリンク設定を更新する
    • サイトマップファイル名が変更になっているため、リダイレクトの設定が影響していないか確認
  • 不具合が解消しない場合は、4.1.13にダウングレードすれば正常に動作する。
  • プラグイン作者は、最新版の4.1.16で不具合が解消しているとの認識。最新版で不具合がある場合、パーマリンク設定を何もせずに更新すると不具合が解消する場合があります。
  • ただし、最新版でもタームのXML sitemap出力ファイルが空っぽになる不具合は残っていますので、カスタムタクソノミーのターム一覧をXML sitemap出力ている場合は、古いバージョンにダウングレードして更新を待ちましょう。

XML Sitemap Generator for Googleで報告されている不具合

XML Sitemap Generator for Googleで報告されている不具合
  • プラグインのバージョンを4.1.13から4.1.15にアップグレード後、問題が発生。
  • サイトマップの構造変更が原因で、サイトマップが全て404エラーページに。
  • バージョン4.1.11まではプラグインが問題なく動作していた。
  • アップグレード後、Googleランキングが大幅に下落し、Google Search Console (GSC) でサイトマップに問題があることを発見。
  • カスタムタクソノミーが含まれたサイトマップが空になっている。
  • バージョンを4.1.11に戻したところ、エラーが解消され正常に動作。
  • バージョン4.1.15では、サブサイトマップのリンクをクリックすると404ページが表示される。
  • Google Search Consoleでサイトマップを読み込もうとした際に「取得できない」というエラーが発生している。
サポートフォーラムでの不具合報告

プラグインをバージョン4.1.13から4.1.15にアップグレードしたところ、大変な事態になりました。サイトマップの構造が全く異なるものに変わり、サイトマップすべてが404ページになってしまい、すぐに元に戻さざるを得ませんでした。

バージョン4.1.11までは問題なく動作していましたが、その後のバージョン(現在のバージョンは4.1.15)では問題が発生し、プラグインが全く正しく機能しなくなりました。

ウェブサイトのGoogleランキングが大幅に落ちたため、GSC(Google Search Console)をチェックしたところ、サイトマップに問題があることに気付きました。ウェブサイトのサイトマップを確認したところ、生成されたサイトマップ内のカスタムタクソノミーが全て空になっていることが分かりました。そこでプラグインを以前のバージョンに戻してみたところ、カスタムタクソノミーが正常に動作する最後のバージョンは4.1.11でした。 この問題を確認し、バグを解決していただけますか? ありがとうございます。

新たな問題として、バージョン4.1.15にアップデートした後、サブサイトマップをクリックすると404ページが表示されるということが起こっています。例えば、このリンクでは404エラーが出ます

Google Search Consoleでサイトマップを読み込もうとする全ての試みが失敗します。

引用元:https://wordpress.org/support/plugin/google-sitemap-generator/

最新バージョン(4.1.16)でも不具合は解消していない模様

XML Sitemap Generator for Googleで不具合が発生すると、サポートへの書き込みが殺到します。

しかし、一方でプラグイン作者は返信しなくなりますが、バージョンアップバージョンのリリースは行われています。

おそらく、不具合のトラブルシュートに追われているのだと思います。

最新版の4.1.16がリリースされていますが、不具合は解消されていません。

プラグイン作者は、最新版の4.1.16で不具合が解消していると言っていますが、それでも不具合が解消しない場合は、パーマリンク設定を何もせずに更新すると不具合が解消する場合があります。

バージョン4.1.11までバージョンダウンして不具合解消を待つしかない

現在起きている問題が深刻なので、正常に動いていた古いバージョンに戻す必要があります。

サポートの書き込みを見ていると4.1.11が正常に動く最後のバージョンのようです。

XML Sitemap Generator for Googleリリース履歴

4.1.16 (2023-12-18)

  • Fixed a syntax error causing fatal errors for some users.

4.1.15 (2023-12-14)

  • Improved security by adding capability check via the current_user_can() calls
  • Changed the text domain from “sitemap” to “google-sitemap-generator”

4.1.14 (2023-12-05)

  • Improved security with authentication and plugin management anchors
  • Fixed an error in sitemap file name conventions
  • Fixed an issue with disabling conflicting sitemap generators
  • Added last modified date to category sitemaps
  • Added min and max option for number of posts per sitemap
  • Added support for local links in sitemap for different languages

4.1.13 (2023-08-04)

  • Fixed warning error displayed when Yoast SEO is not installed/active

4.1.12 (2023-08-02)

  • Improved various UI elements and notifications
  • Fixed browser console errors
  • Fixed null value in set_time_limit

4.1.11 (2023-05-19)

  • Fixed version compatibility thresholds
  • Improved user interface

古いバージョンに戻す方法

プラグインを過去のバージョンに戻す方法は以下の2つの方法があります。

  • WP Rollbackプラグインを使う
  • zipファイルをダウンロードしてインストールする

WP Rollbackプラグインを使う

WP Rollbackプラグインをインストールすると、過去のバージョンにロールバックすることができます。

この方法が一番簡単です。

WordPress.org 日本語
WP Rollback – プラグインやテーマのバージョンをロールバック (戻) します Rollback (or forward) any WordPress.org plugin, theme, or block like a boss.

zipファイルをダウンロードしてインストールする

こちらのページから過去のバージョンのzipをダウンロードします。

https://downloads.wordpress.org/plugin/google-sitemap-generator.4.1.11.zip

zipファイルをプラグインの新規追加からアップロードすれば、古いバージョンに戻すことができます。

XML Sitemap Generator for Googleの更新通知を停止する

せっかくダウングレードしたXML Sitemap Generator for Googleですが、最新バージョンへの更新通知は消えません。

更新通知があると間違ってアップグレードしてしまう恐れがありますので、更新通知を止めておく方が安全です。

プラグインファイルのバージョン番号を最新版よりも新しいものに書き換えると更新通知は来なくなりますが、それよりも簡単に更新通知を消す方法があります。

functions.phpに以下のスニペットを追加すると、更新通知が来なくなります。

<?php
add_filter('site_option__site_transient_update_plugins', 'hide_update_plugin_notice');
function hide_update_plugin_notice($data) {
    $plugin_file = 'google-sitemap-generator/sitemap.php'; // (※)
    if (isset($data->response[$plugin_file])) {
        unset($data->response[$plugin_file]);
    }
    return $data;
}

複数サイトに適用したい場合は、いちいちfunctions.phpに追加するのは大変ですし、管理も面倒になります。

WordPressにはmu-pluginsというディレクトリがあり、そこにphpファイルを置いておくと自動的に読み込んでくれます。SSHが使える場合にはこちらの方が簡単だとおもいます。

XML Sitemap Generator for Googleの開発バージョンはどこにある?

XML Sitemap Generator for GoogleはGitHubでリポジトリが公開されています。

WordPressプラグインのリポジトリよりも数段操作性がよいです。

開発版のコードもこちらで確認できます。

他のXMLサイトマッププラグインに乗り換えた方がよいのか?

過去のバージョンはセキュリティの問題があるから他のプラグインに乗り換えた方がいい?

YesでもありNoでもあります。

これだけ不具合を連発するプラグインは今後も同じことを繰り返すでしょうから、見切りをつけた方が安全という考えもあります。

一方で、無料プラグインの中で、他に目ぼしいプラグインが無いというのも事実です。

個人的には、AISEOやYoast SEOなどのSEOプラグインについているXML Sitemapの機能を使うのが一番問題が無いと思います。

しかし、SEOプラグインはSEO SIMPLE PACKを使ってる人が多いので、XML SitemapのためだけにSEOプラグインを変更したくないと考えるでしょう。

直近のセキュリティの問題は無視して大丈夫だと考えられるので、私は、バージョンダウンして安定板がリリースされるのを待ちます。

まとめ

XML Sitemap Generator for Googleのアップデートが来てもすぐにアップデートするのは止めましょう。

なぜなら、XML Sitemapの不具合が発覚するのはGoogle Search Console経由のことが多く、発覚するまでに時間がかかるためです。

しばらく時間を置いて、サポートフォーラムを見て不具合の報告が多く寄せられていない場合のみ安心してアップデートできると考えた方が良さそうです。

役に立ったら他の人にもシェア!

この記事を書いた人

Wordpressのカスタマイズ歴10年のプロです。無料から有料までWordpressテーマの使用経験は豊富。SWELLやCocoon、Snowmonkey、Arkheなどテーマのカスタマイズに関する知見も深い。Webサイト制作からカスタマイズまで仕事を請け負った実績は多数あり。
第二種情報処理技術者試験(合格率:15.5%)、Google アナリティクス上級者向けコースGoogle タグ マネージャーの基礎コース上級ウェブ解析士HTML5プロフェッショナル認定 レベル2

コメントを閉じる

コメント

コメント一覧 (9件)

  • 始めまして。先ほど4.1.14 から「XML Sitemap Generator for Google 4.1.16」に更新してしまいました。特にこれまで不具合は出ていないと思いますが、不具合自体がわかっていないのかも?と思い質問させてください。

    「XML Sitemap Generator for Googleのサイトマップの中身が空っぽ」これはどのような症状でしょうか?自分のサイトのサイトマップを開くと何も表示されないということでしょうか?

    Googleサーチコンソールで確認するとサイトマップの項目でステータスが「成功しました」となっています。この場合は問題が出ていないと考えて良いのでしょうか?※4.1.14のデータ(2023年12月21日が最終読み込み日時)

    トラブルが出ていない「4.1.11」に戻す方法がわからないのでドキドキしながら質問しています。ブログを2つ持っていて片一方は4.1.13のままです。こちらも同様にGoogleサーチコンソールで確認するとステータスが成功とあります。

    問題が出ないサイトも多いのでしょうか?それとも全てのサイトで404などのエラーが出るのでしょうか?質問ばかりで申し訳ありません。どうぞよろしくお願い致します。

    • 問題は2つあります。
      ①プラグインの不具合によってサイトが表示されなくなることがある
      ②XMLサイトマップを読み込んでも記事の数が少なくなる(XMLサイトマップが壊れている)

      ①は、サイト毎にエラーが出たりでなかったりのようです。
      恐らく最新バージョン(4.1.16)では修正されていると思います。

      ②は、最新バージョンでも直ってないです。
      サイトの表示には影響は無いですが、正しくない内容のサイトマップを正常に読み込んでいるのでサーチコンソールではエラーにはなりません。
      私のサイトでは4.1.11に戻すことでXMLサイトマップが正常に戻りました。

      ということですので、サイトマップが正常かどうかを気にしないのであれば、最新版にアップデートしておけばよく、SEO的に気持ち悪いということであれば4.1.11まで戻すという対応になると思います。

  • フリーランサー様

    お返事ありがとうございます。
    ②の「XMLサイトマップが壊れている」の理由がわかりました。
    サーチコンソール確認で「ウェブに関する主な指標」という項目でインデックス数が減り続けています。SEOを気にしながら記事を書いているため内容を知ると恐ろしいと感じました。

    ちなみに、XMLサイトマップが正常ではないと判断するには何を確認すれば良いのでしょうか?また、自分で4.1.11に戻すことができないため、今後更新されるであろう最新版(4.1.17)で問題が無ければこの記事に追記していただけると嬉しく思います。

    ①のプラグインの不具合でサイトが表示されなくなるパターンではなく少し安心しました。

    お返事感謝しております。

  • 申し訳ありません。1つお聞きしてもよろしいでしょうか。

    4.1.15 (2023-12-14)の更新で以下の内容があります。
    【テキストドメインを「sitemap」から「google-sitemap-generator」に変更しました。】

    これは特に気にしなくていいことなのでしょうか?サーチコンソールのサイトマップの登録ドメインなどの変更が必要なのか?と思っています。今のところ特に問題は起こっていないようです。壊れたサイトマップを読み込んでいるからなのか?と心配になりました。

    とにかく最新版がリリースされるのを待ってみます。
    ありがとうございます。

    • サイトマップが正常かどうかは、インデックスサイトマップファイル(sitemap.xml)を開いて、各サイトマップファイルを開いた時に記事の一覧がきちんと表示されるかどうかで判断できます。
      不具合があるときは、記事の一覧が確認できませんでした。

      テキストドメインというのは、登録ドメインとは関係ないので気にしなくて大丈夫です。
      多言語化対応のときの目印のことだと思います。

  • フリーランサー様

    ご回答ありがとうございます。
    最新版が出るまで待ってみたいと思います。
    更新楽しみにしております!

  • フリーランサー様
    お久しぶりです。ちょっとした質問をさせてください。
    結局、サーチコンソールのインデックス数が激減していることに気が付きました。サイトマップ自体は読み込んでいたためエラーとはならず壊れたサイトマップを読んでいたんだと思います。

    「XML Sitemap Generator for Google 4.1.18」にアップグレードを行い、設定画面で「ページごとのリンク数」を1000にしました。※サポートページで1000が基準と見たため。私は10でした。これが正しいのかわかりません。

    そして、あることに気が付いたので質問させてください。過去に動的サイトマップが導入され私はサイトマップで「/index.php?xml_sitemap=params=」を登録していました。そこでたった今「
    /sitemap.xml」も登録し2つにしました。結果、知りたいのは「/index.php?xml_sitemap=params=」でもよかったのか?という事です。ワードプレスバーションを新しくしてからサイトマップ読み込みが行えず?外部サイトから読み込んでいるようなんです。1ヶ月くらいするとサイトマップを読みこんでいます。

    サイトがいくつかあるので「/index.php?xml_sitemap=params=」が使えないのか知りたいです。管理画面ではサイトマップインデックスを読み込んでいるようです。インデックス数は先程の10から1000にしたら少し増えました。

    サーチコンソールのページのインデックス数が800>50>188と戻り気味です。わかりにくい内容で申し訳ありません。結局「XML Sitemap Generator for Google 4.1.18」でも問題乱発だと感じています。お世話になります。

  • XMLサイトマップが読み込めず?外部サイトから読み込んでいるという部分がわかりかねますが、
    ご質問の件、
    /index.php?xml_sitemap
    というのは、パーマリンク設定によっては表示できないと思います。
    もし、表示できるのであれば、sitemap.xmlと同じだと思いますので、複数登録する必要はないと思います。

    XML sitemap自体は、Googleがページを見つけるための手段の一つに過ぎないです。
    すべてのページがサイト内のリンクから辿れるのであれば必須ではないと言われています。
    プラグインに振り回されるのも本質的じゃないと思いますので、ひとまずVersion 4.1.13にダウングレードしてプラグインの更新が数カ月止まって安定してから、アップグレードしてもいいともいます。

  • ご回答ありがとうございます。
    過去にもこのプラグインを利用してトラブルが起きたためモヤモヤします。アドバイスありがとうございます!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

クリックできる目次